激しいスポーツで、逆に身体を痛めていませんか?

激しいスポーツをやっている方なら、必ず1度は怪我をした事があると思います。 

それで、万全な体調で試合に望めなかったり、あるいは、レギュラーをはずされたり、学生の時最後の試合に出れなかったり、悔しい思いをしたことありませんか?

もし、現在、怪我をしているならば、完全に治してください。

無理をしてそのままにしておくと慢性化して「古傷」として残り、一生引きづることになります。

若いうちはどうしても無理をしがちですので、ご注意ください。

また、怪我をする前に準備体操・整理体操をしっかりやりましょう。

特に整理体操をなまけると、疲れがとれず、後々怪我の元になります。

筋肉がガチガチだと身長も伸びません。

そこで、しっかりやってもらいたいのが、 です。

血液の循環を良くし、筋肉や腱の柔軟性を高め、関節の可動域を広げて怪我の予防をし、運動に対応できる状態を作りましょう。

毎日運動が出来ない方は特に気をつけてください。

はりは、怪我を治すだけでなく、全身の筋肉を柔らかくし、ストレッチの効果を高めます。試合前は前々日に治療する事をお勧めします。

また、怪我をした場合、出血や骨折以外は、適応症(ねん挫・肉ばなれなど)です。

なるべく早目においでください。慢性になれば、それだけ時間がかかります。

※高校生までは、学割があります。