お父さん、お仕事ご苦労様です。

お父さん、自分の健康そろそろ考えてください。

私の経験から、50歳前後の健康診断で引っかかり、毎日薬を飲み続けなくてはならない病名を言い渡され方が、物凄く多いと感じています。

それが生活習慣病。女性も例外ではありませんし、もっと若い方もいます。

「生活習慣病」名前くらいは聞いた事ありますよね。

高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満むかしは「成人病」って言われていました。

これらが原因になる病気が脈硬動化、つまり血管の内腔がせばまり、血流が滞ることによって引き起こされ、世にも恐ろしい心筋梗塞などの心臓病や脳梗塞などの脳卒中がおきるのです。

また、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満は、長い間無症状でいることが多く、知らないうちにかなり進行していることがあり、また喫煙は、これらの病気を進行させる危険因子の一つでもあります。特に糖尿病は、ほかの病気を誘発しやすく、治りづらくします。治療も飲薬から注射になりひどくなると透析になることも。

生活習慣病は文字通り生活習慣からくる病気です。治療の基本は、食事療法と運動療法です。

でも、その前に病気にならないように 食生活や運動、飲酒、喫煙、ストレスや休養に気をつけましょう。

特にストレスと暴飲暴食は禁物です。

発病を促進しますし、他の病気(癌などのこわいものも)も招きます。

奥様やお子さんのためにも気をつけて。

★はりは血液をさらさらにし、ストレス解消や休養に最適です。